読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペッペちゃん空をあるく

自由になりたい

ベトナム行ってきた。(ダナン編)

f:id:wernickeman:20170222161604j:plain

ベトナム中部に位置する都市、フエ、ダナンに行ってきた。

ホーチミンメコンデルタや、ハノイハロン湾は観光地として有名だろう。

それに加わり最近、リゾート都市としてダナン、世界遺産の町としてホイアンが台頭してきた。

経済成長率でこそ緩やかになったものの、国全体としてはまだまだ勢いがあり、開発がすごい勢いで進んでいる。ベトナムという国全体をカオスなエネルギーが席捲している場所を読者と共有したい。

f:id:wernickeman:20170222162950j:plain

 

日本からはおよそ6時間、成田空港からはダナンへの直通便が出ていて、アクセスが良い。週末だけのshort tripでも十分に渡航可能だ。空港のエントランスからクラクションの音が凄まじく、荒々しい歓迎を受けた。

f:id:wernickeman:20170222163303j:plain

ダナンの中心部を流れるハン川にかかるDoragon bridge

夜になると、火と水を放射する。タクシーの運転手によると観光地として人気らしい

f:id:wernickeman:20170222164100j:plainf:id:wernickeman:20170222165953j:plain

 

ちなみに、ベトナムでは英語の義務教育が小さい頃から施されていて、多くの人には通じるが、タクシーの運転手には英語が通じない人の方が多い。そのため、移動では地図やスマホのアプリで意思疎通を図ることとなる。

タクシーは激安で、初乗りで2万ドンぐらい。2時間乗って100万ドンぐらいだった。タクシーは大きく分けて、緑黄白の3つの会社がある。ダナンで一番多いのは緑のタクシーメイリンタクシーだ。どれも値段はあまり変わらないが、下の写真の黄色いタクシーメイリンと比べて少しだけ安かった。

 

偽物のタクシーがいるので、ぼったくられないように注意しよう。

①スモークガラスが張られていて、中が確認できないタクシーに乗らない。何されるかわからないから。

②ドアに広告や電話番号が書いてあるタクシーに乗ろう。広告が少ない車は胡散臭い。

③白は胡散臭い。メイリンが濃い緑色なのは、塗装するのにお金がかかるため、偽物が生まれにくいからだそうな。

 

 

 

補足として、20万ドン1000円で計算すると分かりやすい。ベトナムドンは桁数大きいので、お土産屋さんでも面食らうが、物価はめちゃくちゃ安い。一食5万ドンもあれば、露店で夜飯を食べられる。

f:id:wernickeman:20170222164616j:plain

現地のガイドに教えてもらった麺屋さん。

器いっぱいの麺料理

これで、4万ドン(200円)ぐらい。おなか一杯になる。

ベトナム料理は塩・油分が少なく、野菜が多いためとってもヘルシー。日本人の舌にも合う。この写真とは別に、野菜が平皿いっぱいに出てきて、好きなだけどんぶりの中に入れるというスタイル。パクチーなど香草をお好みで入れられるので、苦手な人も食べやすい。

f:id:wernickeman:20170222165252j:plain

ベトナムのビール、333(バーバーバー)

クリアな後味で飲みやすい。コクの追及する日本のビールが好きな人には物足りなく感じるかもしれない。

他にも、サイゴンビールやハイネケンが多くの飲み屋に置いてあった。

f:id:wernickeman:20170222161126j:plain

ホテルからの眺め

次回はダナンの北に位置する歴史の町 フエ

世界遺産の町 ホイアンについて書きます。